「矛と盾」TOPの勝ち方講座(基礎)

サモナーの皆さん、こんにちは。本記事はTOPでの勝ち方について「2つ」の要点をベースに解説しています。尚、この記事は基礎編となります。初めてトップをプレイする方、トップをプレイしているがなかなか勝てない方向けです。


 

1. スプリットプッシュ「矛」


TOPレーナーが、毎試合必ずと言っても過言ではないほど直面する問題があります。それは、「スプリットプッシュ」です。スプリットプッシュはトップレーナーがゲーム全体に関与できる非常に重要な動きになっており、スプリットプッシュを制する者はTOPを制します。それでは、「いつ、どこで、どのように」スプリットプッシュをしたら効率が最も良いのかの点について解説していきます。


 

対面との「差」の認識

先ず着目しなければならないのは、対面のトップレーナーと自身を比べ、どれぐらいの差が開いているかです。以下を参照にセクション別に解説をしてみました。


①「半コア勝+負」(拮抗している)‐ 敵の対面と半コア前後しか差が開いていない場合

②「1コア勝」(弱スノーボール)‐ 敵の対面と比べ1コア分の有利を築いているとき

③「2コア勝」(強スノーボール)‐ 敵の対面と比べ2コア分の有利を気づいている

④「1コア負」(弱ルーザー)‐ 敵の対面と比べ1コア分の不利を背負っているとき

⑤「2コア負」(強ルーザー)‐ 敵の対面と比べ2コア分の不利を背負っているとき

 

①について、敵と拮抗している場合、基本的にはスプリットプッシュを行う事はできません。何故なら、拮抗しているため相手も自分と比べて似たり寄ったりのプッシュ能力を保持しているからです。つまり、レーンで睨み合ったとしても得られるもの(オブジェクト)は非常に少ないでしょう。チームメイトに対して恩恵を与えることは残念ながら「スプリットプッシュ」では出来ません。反対に、①の時にすべきことは何かといいますと、②への移行を試みる事です。つまり、相手のTOPレーナーとの格付けチャレンジを行います。選択肢として、「ガンクを呼ぶ、ソロキル、タワーダイブ、CS精度」の4つが挙げられます。他レーンへのロームやバックTP、ドラゴン関与などは残念ながら①ではすべきではありません。(基礎編に置いてはお勧めしません)補足:レーンの押引きが自由に選択できる(ウェーブコントロール)を行っていいのは①の時のみです。


②について、弱スノーボールをしている場合、「スプリットプッシュ」は可能です。そして②の場合は基本レーンはフルプッシュ一択です。この1コア分の有利は、対面よりも何かしらが優れていたために起きている現象のですので、「1vs1」については比較的問題はないでしょう。しかし、一部のOPチャンピオンを除いて「1vs2」を出来るほどは育ってはいないはずです。ですので、先ずスプリットプッシュをする上でケアしなければならないのは、敵の「ガンク」です。②の段階ですと、敵jg等にガンクをされた事により、対面にキルが渡ってしまうと力関係が反転する可能性が十分にございます。ガンクケアの方法として「ワード」は残念ながら本記事ではおすすめしません。基礎編をご覧になっている方が1CSごとにMAPをご覧になることは不可能ですのでTOP周辺のブッシュにワードを置いたところでガンクは食らいます。それではどういった形でカバーするかと言いますと、「敵jgのアクションを待つ」です。敵jgがドラゴンを触る、敵jgがボットガンクをする等といった「TOPとは無縁のアクション」をしたときに初めてTOPサイドでのスプリットプッシュ(タワーへの攻撃)を行います。それまではプッシュをしてミニオンだけにタワーを攻撃をさせてください。間違ってもタワーに対してAA(通常)を入れに行かないようにしましょう。何故なら、そのAA一発一発が非常にハイリスクだからです。序盤のタワーというのは一撃で破壊できるものではありません。ミニオンをプッシュし、少しずつミニオンに削ってもらいましょう。①同様、次のステップに移行しなければなりません。おすすめのアクションは「スプリットプッシュ、ソロキル、ガンクを呼ぶ、複数人でのタワーダイブ、CS精度」です。


③について、強スノーボールをしている場合「スプリットプッシュ」は②同様、可能です。レーンを常にフルプッシュするのも同じです。ただ明確な違いは「1vs2」出来るところまで育っているということです。そして2コア差の状況においては、ゲーム全体に関与するため「1vs2」をするべきです。②と比べて圧倒的にリスクは少ないですし、殺すことは出来なくても敵のリソースを削ることは十分可能です。ですので、フルプッシュした後にミニオンだけではなく、自身もタワーに対してAA(通常)を入れる事がここで初めて可能になります。無心でプッシュし、目の前のタワーを次々に破壊していきましょう。タワーを2本折るのが大体の大まかな目安になります。セカンドタワーまで折った後に「この基礎編」では初めてそのゲームでグループすることが許されます。(ドラゴン、バロン、集団戦)など。そして、グループ後も可能な限りスプリットプッシュを行い敵タワーへ「アプローチ」を掛けましょう。


④について、残念ながら何かしらが原因で貴方は「不利」を背負っている状態です。この場合のスプリットプッシュは不可能です。この④の状況下でのスプリットプッシュはリスクでしかありません。この場合の選択肢は大きく2択あります。「レーンを自身のタワー前で固めてファームに徹する、味方とグループし他のレーンで有利を作る」です。簡単に言えば、ファームをして機会を伺うか、レーンを捨てるかの2択という事です。その二つが最も効率的に勝ちの方程式へ繋げる事が出来ます。前者は想像できると思いますが、後者は少し抽象的です。そのゲームがどういったゲームになるのかは神のみぞ知ります。ですので、どういった形で他レーンへ関与するのかここで具体的には申し上げることはできませんが、候補として。「ドラゴンファイト前のキャッチへ積極的に参加、ドラゴンファイト、BOTへのガンク(バックTPも可)」です。


⑤について、おめでとうございます!貴方は見事にそして完膚なきまでにボコボコにされました。しかし、ここで忘れないで欲しいのが「ゲームはまだ終わってない」という事です。⑤のシチュエーションの時にするべきことは「スプリットプッシュ」です。貴方は①で失敗し、その後の④でも失敗しました。つまり貴方には残された選択肢である「リスクあるスプリットプッシュ」を行う権利があります。ボコボコにされた貴方が今更死んでも何も現状は変わりません、気兼ねなくレーンをフルプッシュし、その後タワーに対してAA(通常)を叩き込みましょう。一本でも折れたら御の字です。もし敵が「スプリットプッシュ」をしていることを咎めようとして襲ってきた場合、「戦います。」ウルトでも何でもいいので一つでも多くのリソースを相手に使ってもらいましょう。敵のフラッシュや主要スキルを落とすことが出来れば大成功ですし、もし万が一にでも返り討ちに出来たらファンタスティックです。TOP(基礎編)において「引くことを覚える」のは④までです、⑤において出来る事は猪突猛進でスプリットプッシュする事ぐらいです。


 

①~⑤はゲーム中変動し続けます。それは様々な形で訪れます。「味方のスロー、敵のスロー、自身が調子に乗ってしまう、キャッチされる、ソロキルされる」等です。今自分がどのセクションに居てどういった動きを「スプリットプッシュ」を絡めて行うべきなのか、この記事を通じて少しは明確になったのではないでしょうか?


 

2. メンタルケア「盾」


TOPというレーンはメンタルが試される「試練の孤島」です。メンタル強者のみがゲームを制することが出来ます。トップは残念ながら他レーンと違い、一度生まれた有利不利を覆すのが非常に困難です。レベル1に無理なトレードをしただけでもレーンが終わることもしばしばございます。敵jgにガンクされた挙句、ダイブされるは日常茶飯事。その反面、味方jgは一切ガンクしてくれないなんて事もございます。しかし、だからと言って「ゲームを投げていい」とはなってはいけません。このLOLというゲームは平均25分越えのタイトルです。序盤にいくら負けてもワンチャンスが生まれるように設計されています。精神的な弱さは「勝てないプレイヤー」の共通項であり、ここで言う精神的な弱さとは「試合に対する気持ちの弱さ」です。よくOPGGの対戦履歴が血の海で染まっている勝てないTOPレーナーの方は「やっぱりTOPじゃゲームを動かせないのかぁー」と愚痴を垂れていますが、残念ながらこのLOLというゲームには全レーンでchallengerが存在しどのレーンでも「貴方が上手ければ」勝てるように作られています。つまり、ゲームに勝てないのはTOPを選択しているからではなく、「貴方が弱い」からです。ただここで勝てないトッププレイヤーのメンタルへの救済処置として申し上げますと、「トップはLOLのレーンの中で一番メンタル勝負がキツイ」レーンです。反対に、「メンタル」をマスターすれば他レーンよりも大きな糧となりえます。それほどメンタル強者×トップレーンは魅力的な組み合わせなのです。今一度勝てないトップレーナーの皆さんは自身のプレイを見直し、メンタルを鍛え上げましょう。そうすれば自ずとそれが「勝率」といった形で表れるでしょう。最後にメンタル強者の具体例を出して〆とさせて頂きます。

 

例:敵jgにダイブされ2ウェーブロスト ☞ 味方jgがその分jg内のファーム食べてるからワース!


  敵jgが3連続でガンクしてくる ☞ 2度あることは3度あることは分かっていたのにケア出来てない自分が悪い!MB!MB!


  1vs2負けて味方に炊かれる ☞ すぐチャット欄で「MB!SRY!」と打つ


072スコアになる ☞ 運が悪いゲームだったとすぐに気持ちを切り替え⑤を行い、少しでも敵のチームの勝利を遅延させる

 

如何でしたでしょうか?今回は、TOPの勝ち方講座(基礎)を2つのポイントをメインに紹介いたしました。スプリットプッシュとメンタルケアと言う「矛と盾」を手に取ってサモナーズリフトを勝ち抜いてみてください!

 



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示